最新情報

お知らせ

掲載日: 2017年3月 7日 17:36

国際シンポジウム「グローバル時代のアートと翻訳」開催のお知らせ


下記の日程で表象・メディア論系共催のシンポジウムを開催します。どなたでもご参加いただけます。ぜひお越しください。


グローバル時代のアートと翻訳

2017年3月27日(月)17:00-19:00
早稲田大学戸山キャンパス 33号館3階第一会議室
使用言語 英語(発表原稿の日本語訳を配布の予定)

パネリスト
ソ・ソクベ カリフォルニア大学アーヴァイン校
ケン・ヨシダ カリフォルニア大学マーセド校
司会
橋本一径 早稲田大学


主催 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「近代日本の人文学と東アジア文化圏 ―東アジアにおける人文学の危機と再生」
共催 表象・メディア論系
お問い合わせ先 contact[@]hyosho-media.com


Treacherous Translations/Transactions in Language and Art

Date and Time March 27, 2017 (Monday), 17:00-19:00
Location Waseda University, Toyama Campus, Conference Room 1, 3rd Floor, Building #33
Language English

Panelists
Serk Bae Suh University of California, Irvine
Ken Yoshida University of California, Merced

Moderator
Kazumichi Hashimoto Waseda University

“Impact of East Asian and European Intellectual Influences on the Modern Japanese Thought: New Perspectives in the Humanities” (MEXT-Supported Program for the Strategic Research Foundation at Private Universities)
Studies of Media, Body and Image (Waseda University, School of Culture, Media and Society)


グローバル時代のアートと翻訳ポスター.jpg

更新情報

2016.04.13
2016年度春期・秋期の時間割を更新しました。

ブログ「論系通信」最新記事

ヒョウくんとメロンちゃん